クラレグループについて

クラレテクノはクラレグループの一員として
時代のニーズを的確に捉えた提案と
新たな付加価値を創造します。

株式会社クラレ

クラレは1926年化学繊維レーヨンの事業化を目的に設立されました。「世のため人のため、他人ひとのやれないことをやる」という社会的責任と独自技術を追求する企業文化は、高分子・合成技術をベースとした高機能繊維、樹脂、化学品分野への業容拡大の推進力となり、液晶パネル偏光膜用ポバールフィルム、ガスバリアー性に優れた高機能性樹脂〈エバール〉、人工皮革〈クラリーノ〉など多様な製品を、日本国内のみならず世界各地で製造しています。生活・医療・環境など幅広い分野でオリジナリティーあふれる製品を提供している、ユニークな化学メーカーです。

商号
株式会社クラレ
設立
1926(大正15)年6月24日
資本金
890億円(2016年12月末現在)
売上高
4852億円(2016年度)
従業員数
【単体】3,386名
【連結】8,590名(2016年12月末現在)

液晶パネル偏光膜用
ポバールフィルム

高機能性樹脂
〈エバール〉を包装材料に使用した食品

自動車のプラスチック製
ガソリンタンク
(エバール樹脂含有)

人工皮革
〈クラリーノ〉を使用したランドセル、ボール、手袋